ビットコインはどんなことに使えるのか!その三点

決済に使うことができる

ビットコインは電子世界の仮想通貨なわけですが、決済に使うことができます。通貨である以上、そうした側面がないと意味がないともいえるでしょう。では、どれほど使えるのか、といいますとまだまだ普及していないといっても過言ではないです。いくらかのネット決済に使えることがあるのですが通常の買い物に使える程ではないです。ITサービスの支払いなどにいくら使える企業が増えていますが、価値が担保されない限りは難しいでしょう。

投機性があることについて

多くの人がビットコインを投機目的で購入しています。システムの設計思想としてはこれはメインではないです。そうした側面があれば普及しやすくなる、という考えはあるでしょうがあまりにも価値が一定的ではない場合、決済手段として用いることがかなり難しくなります。そのあたりを解決できるのかどうかが今後の普及に関わってくることでしょう。しかし、実際にセンセーショナルに報道された、多くの人の耳目を集めたのは価値が何千倍にもなったことでもあります。

資産価値の保存としての側面

手持ちの資産をいくらかビットコインに変えて、それで資産価値を守る、という利用の仕方もあります。価値が変動するのは確かなのですが、普通の貨幣のように偽造されたり、政府の意向によって価値を薄められたりすることがほぼないので安心して資産として持っていることができます。社会的にどの程度認められた価値となるのかによって今後のビットコインの扱いが変わってくることでしょう。具体的に言うと課税対象になるのかどうか、という点です。

ビットコインは、世界的にも信用度の高い仮想通貨のひとつであり、今や様々な取引に活用されること増えています。