ネットで自分のことを悪く書かれていた時!

ネット中傷被害に遭った時の為に対処法を考えよう

現代社会では、インターネットを活用する人が増えています。便利な点を利用して、悪意のあることを書き込む人もいるのです。学校でもインターネットいじめが増えていると言われています。人を傷つけることをインターネットに書き込むことは犯罪です。匿名を利用して書かれたことで、心が傷つき自殺をしてしまう人もいます。気に入らないことがあったとしても、匿名で嫌なことを掲載することはモラルに反しています。自分が被害に遭った時の為に対策を考えましょう。

匿名でも発信した人がわかります

インターネットに名指しで悪いことを書き込まれたり、人に見せたくないような写真を掲載されたりしたら、まずは証拠を保存しましょう。悪質なことを書き込まれていたら、誰でもすぐに削除したくなります。しかし、発信者は人を傷つける為に行っているので、誰から嫌なことを書き込まれているのか知る必要があるのです。気持ちは良くないですが、一度冷静になり思い当たる相手を考えてみましょう。思い当たる人がいないなら、プロバイダーの会社に教えてもらうことが出来ます。

法的手段で訴えましょう!

悪質なことを書き込む相手は、元交際相手や意外にも身近な人物かもしれないです。思い当たる人がいれば、まずは嫌なことを書き込まないように注意しましょう。それでも匿名で嫌なことを書くのであれば、法的手段で訴えることが出来ます。プロバイダーの会社にアドレスから発信者の住所や氏名を教えてもらいましょう。その後に、警察や弁護士に相談することが大事です。悪質なことを書き込んで、人の評判を落とそうとしている人がいるなら法的手段で訴えましょう。

逆SEOとは、キーワード検索に対して検索エンジンの検索結果にネガティブなサイトを表示させない事でイメージを守る為の検索エンジンマーケティングの一手法です。